恋愛活動をすべき時に医学部再受験をしたら、どうなるか。(海外医学部編)

医学のバックグラウンドがない、英語力が低い、帰国子女でもない男性の場合。

恋愛から逃げなければ、留年します。

とりあえず、解剖学のアトラスと献体のご遺体をガールフレンドだと思ってください。

サゲマンの女がたくさん近寄ってきます。撃退してください。
悪人らしき人物とは接触しないでください。

とりあえず、卒業することを第一優先に、そのためのメンタルヘルスケアだけに重点を置いてください。

恋愛なんかしていたら、留年してしまいます。失恋を引きずっている場合ではありません。
近寄ってく女達はあなたの貴重な時間と思考を奪います。修行僧にならなければ、留年してしまいます。

英語が流暢に話せる人たちと同じような生活を送るのは不可能です。

好きな女がいても、諦めてください。あなたは将来が不安定な学生です。
医師国家試験にいつ合格するのかも不明です。あなたには労働収入がありません。

あなたは、真剣に誰かと恋愛を楽しむことはできません。
でも、あなたには、安らぎが必要です。どうしますか?

私の場合は、夜の街に出かけて、女性達と酒を飲み、カラオケを歌うことでした。

私を好きになってくれた女性達はたくさんいましたが、私にはそれを受け入れる余裕もなく、好きな女性ができても、高嶺の花だったり、といろんな状況を経験しました。

やはり、勉強に集中するなら、恋愛感情は邪魔であるという結論に至りました。

そして、現在、卒業することへのプレッシャーからかなり解放されてきました。最終学年になりましたからね。
しかし、次は国家試験合格へのプレッシャーがやって来ました。

しかし、そろそろガールフレンドをちゃんと持っても良い時期かなと、思うようになりました。

しかしながら、COVID19の影響で出会いが激減。自宅でのオンライン学習の状況が続いています。


大学卒業時に、リーマンショックが起きて、フィリピン医学部卒業間近でCOVID19でのこの防疫措置の状況。不運だなと。(笑)(笑)

とりあえず、この一年は動画編集の勉強、ブログの勉強、小説の書き方、投資の勉強などもしていました。
一日中、医学の勉強ばかりもしていられないのです。

一番、問題なのは、新しい出会いが激減したことですね。
来年一月から出会いが増えるかな、と思っていたんですが、B117というコロナの変異種がイギリスで発生です。

また、ロックダウンになるかもしれませんね。

恋のロックダウンは4年近くしてますよ。(泣)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。