将来、というか、卒業後、日本の国家試験受験までに空白期間がかなり空いてしまう。

フィリピンの医学部は、4年生であるが、現地のフィリピン人たちがフィリピン免許を取得するには卒業後インターンをしないといけないのだ。
実質五年である。

そして日本で国家試験を受験するには予備試験を経由すると年2.5かかるのである。(最短でだ。)

予備試験を合格して、本試験まで合格するのは、非常に難しいのである。
本試験からならば、二日間のワンステップの試験で、合格が決まる。
しかし、予備試験からとなると、非常に大変なのである。

予備試験
一次試験:基礎医学
二次試験:臨床医学
実地試験:口頭試験?

これらの3段階をクリアし、実地修練を一年日本で終えなければ、受験資格を得られないのである。

なので、お金持ちは、日本の私立医学部に行くほうが良いであろう。リスクが低い。

まあ、というわけで、何かビジネスをしようと思う。
アイデアを考え中。

まあ、何ししょうかな。
若い人たちが羨ましいよ。失敗できるだけの時間があるからね。親もまだまだ若いでしょ。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。