社会の底辺にいる人たち

だいたい組織人として生きていく能力がない人たちだ。
精神科案件だよね。
悪魔とか、予備コースとか、英語学校とか、海外に出ると変な日本人にたくさん遭遇した。

反社会性である。なんというか、友達でもない、ほとんど会話したこともないのに、嫌いだの、妬ましいだの、気に食わないだので、怒鳴り散らしたり、存在否定したり、我儘ばかり言ったりしてきた苦情女が予備コースにいたな。

俺だけではなく、他の学生にも最初は食って掛かっていたよ。その女。人間関係乱しまくりだよ。
というか、人間関係を乱していたのは、チェコに行った奴らだったよ。

まあ、だから距離をとっていたのに。で、近づいてきたから、話をして、相談したりしたら、今度は相手が距離を取り言い出したり。
だから、変な人たちには関わりたくなんだよ。

我儘で都合が良い、自己中な人たちとつるんでも仕方がないよね。

まあ、だから、スロバキアにも留学しなかったし。

女が他の男をイジメている構図になっていたしな。
予備コースでは、英語力が高い=偉い立場みたいな、異常な状況だったよ。


このメンツと同期は嫌だなと思ってさ。精神的におかしい学生ばかりだっ
たんだわ。

海外医学部はやめとけ、とTwitterで発信している人がいたが、ポジショントークが激しいなと、思ってしまった。

まあ、確かに変な日本人が多いからやめといたほうがいいよ。特に業者は金儲け第一だし。だから、余計予備コースでは人間関係がおかしくなったのだ。

「なぜ、この人を予備コースにいれたんですか?」てキチガイ女が言い出した時は、キチガイだ、虐めだと思ったね。
いや、不登校な女とか、帰国子女とか、攻撃的な男とか、虐めをする女とか、他人に文句ばかり言っている女とかより俺はましだったと思うよ。

予備コース時代の知り合いと、話していても、予備コースでのほうが辛かったと言っていた。
なぜなら、人間関係乱す女と他人を批判してばかりいるような男が多かったからだよ。

甘やかされて育ったんだろうな。
あれじゃあ、組織で煙たがれるよ。

キチガイ女には「フィリピン、フィリピン五月蠅いな!!」とか、言論の弾圧までされたしな。
俺の存在を気に食わないようでしたね。
俺も気づいていたから、近寄らなかったし。
近寄ったら、虐められだしたし。

人格がゴミだったよ

某ブログより

第4階層 フリーター、非正規社員、派遣社員、飲み屋、風俗嬢など売春婦
唐突ですが、第4階層の人とは、口聞いちゃダメです。仕事一緒にするとか結婚するなんて絶対ダメ。「こんにちは」も言っちゃダメ。
その第1の理由は、頭が悪いからです。たぶん、中目黒って漢字で書いて?と聞いても書けないと思います。だから感情のコントロールなんて不可能です。何するかわからない。刃物振り回すかもしれないです。ニュースでやる凶悪事件の首謀者は大抵この階層の人です。
関わったら命を失うかもしれないでしょう?だから「こんにちは」さえ、しちゃダメなのです。

どの業界でもいえること。海外医学部や英語学校もな。

関連記事
社会の底辺の人達と関わってはいけない。AHGSでの思い出やフィリピンでの5年以上の生活からもそう思う。予備コースもな。 | ロバートの冒険記 (hironobublog.org)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。