宗教的なマーケティングは非常に儲かる

本当の宗教でいうと、幸福の科学や昔あったオウム真理教などだ。

ビジネス系ユーチューバーなどだ。
ある程度の信者が集まった時点で、情報商材やオンラインコンテンツの販売を開始するのだ。

それが悪いことではないが、彼らが販売しているコンテンツが本当に価値があるものなのか、という疑問を解消するには、購入しないとわからないのだ。

まあ、私の書いているブログ内容は、過去の経験や今を書いているだけの体験談なのだ。
悪がのさばっているのが気に食わないだけなのだ。

でも、NOTEとかで、記事を販売するかもね。(笑)

というか、何かしら、私もビジネスをつくりたいな。アイデアはまだなし。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。