Relationship between foreign men and Filipino women

途上国特にフィリピンの女性と付き合うのも、結婚するのも、心理的な拒否感がすごい。なぜなら、経済的な依存心が凄まじいからだ。

Gold diggerのアマゾネス民族であるフィリピーナ達。

外国人の分際で、フィリピンに長く滞在しているわけでもない、愚かな外国人たちは、フィリピン人たちは、貧乏でも幸せだと思ってしまうのだ。

日本人のように長期的な思考をしない、したくない民族である。
日本人のように遺伝子に不安を感じるような要素を抱えていない人たちが多いのであろう。

しかし、外国人の男を捕まえて、一族を楽にさせたい、自分も楽になりたいという女性たちは、他のアジアの国に比べて非常に多い。

なので、貧乏なフィリピン女性達は、お金払いが良い反社会勢力の人間とでも付き合ってしまうのである。
なぜなら、まとまな日本人達は彼女たちを相手に大金を使わないからである。

フィリピンに長く住んできたが、私が学生であると気づく前の多くのフィリピン人女性達は、日本と比べて私に結婚を期待する女性が多かったのである。
しかし、主に夜の女性達に、私が学生であることを、告げると、彼女たちの顔に落胆が浮かぶ。そんなことばかりである。ようは、恋愛というより経済力を我々外国人に期待しているのである。

一方、医学校内の学生同士では、経済力を期待している女性はあまりいなかった。彼女たちの多くは母国でそれなり裕福な家庭に生まれているし、まだ社会人として、お金を稼ぐ大変さを知らないのであるから、心がお金という邪悪な存在にあまり汚染されていないのである。

10代のフィリピン人、というか日本人もだが、美女かハンサムかだけで付き合おうとする傾向が強いのであるが、まあ日本人以上、彼らは世の中のことを理解していない愚かで、純真さを残しているので、簡単に妊娠しては、シングルマザーになってしまうのである。

このシングルマザーたちは外国人と結婚して、托卵を狙うのであるが、まあシングルマザーはやはり、嫌だなと思う外国人達が多いのだ。
一人まではいいけど、娘ならいいけど、そう家庭環境の複雑化に嫌気を感じるのである。

というか、逃げた男に養育費を請求するのが、欧米文化であるが、アマゾネス文化にはそのようなことを法的に追及するのも稀である。追及できても、男に支払い能力がなければどうにもなりそうにないのである。

妊娠したら、兎に角生むのであるから、基本的に。

種馬文化を楽しむ人々を眺めながら、貧乏な私は、勉強に勤しむのであった。

フィリピン人の家族まで養うとか、マジでしている人たちは、ご愁傷様です。

若い女と結婚するってそういうことですよね。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。