フィリピン社会のシステム、それはRPGだ。

フィリピン社会のシステムはエラーだらけなのだ。
人的な組織も、ITのシステムもエラーだらけなのだ。

報告、連絡、相談をちゃんとしない文化なのだ。
営業マンや会社員ならあたり前のことなのだ。日本では。

しかし、フィリピンではそれが教育されていないのだ。
政府系機関からのトップダウンの指揮も行き届かない。
情報の共有がされない。
外国人への扱いが雑かと思えば、フィリピン人への対応も雑。
結局は、組織が下の組織にちゃんとした通達を出していないので、現場がそれを知らないのである。

最近、三日間で、10以上の病院を訪問したが、行政機関からの指示が行き届いていなかったのである。

まあ、なんというか、更に、排他的な社会なのである。住めば住むほど、それを理解してしまう。日本の昔の村社会的な部分はあるかもしれない。

この社会で働きたいとは思わない。日系企業内で働いている日本人達には理解できないかもしれない。
なぜなら、彼らは、フィリピン人の下で働いているわけではないからな。

組織がぐちゃぐちゃなので、その組織のルールに従いながら、働く場合、外部に対する効率性より、内部での問題なのだ。管理者が現場を全く見ていないと、勝手なことをするのがフィリピンなのだ。

警察の不祥事もよく日本ではありえないことが起きているしね。特に首都圏から離れた地域は異常なことが起きやすい。

下の人のの納期を上の人間は気にしていない。まさに、渋滞を想定して、予想の何倍も遅れると意識して行動しないと、間に合わにないのである。

しかし、彼らは、彼らが必要なものは、執拗に要求してくるのである。例えば、お金、証明書などだ。

信用がない社会なのだ。

RPGを現実世界で体験したい人たちにはおススメできる社会。
仲間やコネクションを構築しながら、ゲームを進めていくのだ。ドラゴンクエスト5のように、途中で結婚相手を選んで、ゲームを進めてもいいですよ。(笑)
まあ、俺はそれを選択しなかったけどね。

海外医学部1年目はソードアートオンラインの主人公のような感じでゲームを進めていたよ。
2年目から学校内での女性との人間関係で精神を病む。
3年目はKTV遊びに少しはまる。
4年目、ロックダウンが途中から始まる。
5年目、今

もうKTVには月に1度も行っていない。行ってもストレスだし。ロックダウン前とは状況が違う。

夜遊びしなくなった。夜の女性と関わるのが、嫌になった。
猫カフェに行きたいな。
そもそも猫カフェ代わりにKTVに行っていたからな。

マニラに安全な猫カフェはないかな。
アンヘレスには、日本人経営の猫カフェがあるようなんだよね。






コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。