フィリピンでの歯科矯正

今回はフィリピンでの医療の中でも、歯科矯正について語りたいとおもう。

日本での歯科矯正の費用は、80万円から120万円ぐらいだと言われている。

歯科矯正の方法には、ワイヤー治療とDemonという治療法がフィリピンでは行われている。

ワイヤー治療では、金属とセラミックから選べる
Demonは新しい治療法で、治療期間を短縮できる。

フィリピンの医療は、アメリカと同じでビジネス、営利色が強く、キャリアが長い医師や歯科医、優れた医師や歯科医、施設の設備などによって、医療にかかる支払いがかなり変わってくる印象である。

具体例を挙げると、私はアメリカの歯科医師免許を持つ歯科医のクリニックで虫歯の治療を受けたのですが、8000ペソしました。日本円だと17000円ぐらいでしょうか。
しかし、一般的なフィリピンの歯医者で治療すれば、2000ペソ前後という話です。

歯科矯正の場合も同じで、外国人が多く住むエリアで開業している歯科医ほど高額な金額になる印象があります。
情報弱者の外国人たちは、ある意味、いいお客さんで、カモですね。

ローカルの歯科医なら、歯科矯正は35Kペソぐらいからしてもらえると思います。

ワイヤー治療(金属製)は最安です。約35Kペソから。8万円ぐらい。

ワイヤー治療(セラミック)は、50kペソから。12万円ぐらい。

DEMONは、135Kぐらいからです。30万円近くします。

昨日、セラミックのワイヤー治療のために、歯に矯正器具を装着してきました。
今、現在、食べるのが非常に大変な状況です。咀嚼がうまくできない状況です。

6か月から、8か月で治療を終えるために、二週間に一回、クリニックに行く予定です。

フィリピンでは、値段は言い値です。外国人なら、外国人価格になっている可能性が否定できないので、フィリピン人の友人に相談してみましょう。
JKTVで働いている女性たちに、値段を聞いてみるのもいいいかもしれませんね。
私の場合は、フィリピン系アメリカ人の友達に頼みました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。