フィリピンで発生する数々の汚職事件

フィリピンでは汚職が蔓延している。

公務員であろうが、民間であろうが、汚職だらけである。
ドゥテルテ大統領が就任してから、麻薬戦争、汚職撲滅に大統領は力を入れてきたが、フィリピンの長年の腐敗を終わらせるのは非常に難しいことが周知されてきたように思う。しかしながら。昔であれば隠蔽された犯罪は、現在では隠蔽できず、公になることが増えてきたのである。

①フィルヘルスの汚職事件

②入国管理局の汚職事件

③NBIの汚職事件

個人レベルではどうだろうか?

数えだしたらキリがないほど、フィリピンでは汚職が蔓延している。

離婚制度がないのに、実際には実質離婚している人たちなどありふれたことだ。金があれば婚姻解消はできる。

この国では子供があふれているが、お金は常に不足している。

宗教や政治の問題以前に、根本的な問題がこの国には存在しているのだ。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。