フィリピン医学部の学生の国籍(2021年5月追記)

インド人が非常に多い。その他には

タイ人、アメリカ人、カナダ人、中国人、台湾人、中東人、アフリカ人、太平洋の途上国など、様々な国籍の人たちが医学などの勉強のために留学に来ている。

日本人は非常に少ないように感じている。

英語が未だに流ちょうには話せません。授業を聞くのも大変です。
そろそろフィリピン語の勉強をしないとですね。

英語が話せると、世界が広がります。

追記

個人的には、頭が狂っている日本人と関わりたくないので、留学の手伝いをしようとは思っていません。

知っている限り業者が二つ存在していますね。

私ほどフィリピン医学部の情報に詳しい日本人はフィリピには現在いませんでしょうね。もしかしたら、全日本人留学生の中で一番いろんな情報を持っているかもしれません。

私は、一人でもフィリピンをうろうろできる勇敢な人間です。というか、いつ死んでもいいかと、最初の二年間は思っていました。

なので、他の日本人が行かないような場所にも冒険に行きました。

インド人からの情報も多いですね。日本人は情報収集能力も低く、英語での交渉力も低く、そして留学生の数が少ないです。
インド人はフィリピン全土の大学に所属しているレベルですからね。

学校の教育システムは日本やヨーロッパと同じように、学校によって違います。

まあ、幸運を祈ります。
私はもう他の頭が狂った日本人にイジメられたくないので。

追記2

日系外国人も多くフィリピンに留学している。といっても、日本育ちの日本人の数もそれほど多くはないのだ。

アメリカ育ちの悪魔D
ニュージーランド国籍の日本人と白人のハーフ(日本語が下手)だが、悪魔と違って、頭は良い印象。
タイ人と日本人のハーフ(インターナショナルスクールに高校は行っていたようだ。日本語は微妙)

まあ、若い時に子供を留学させたほうが良いですよ。もしくはインターナショナルスクール。

30近くで英会話を勉強しだしても、脳が、その英語脳を構築できないのですよ。
いろんな留学経験者にそのように言われもしました。

こんな英会話ができない私が卒業したからと、卒業が簡単だと思うのは、まだ早いですね。

私は、高校在学中3年間、試験前の1週間しか勉強しなかった男。それが、フィリピンに来てから、毎日、燃え尽きないぐらいに勉強してきたのです。
まあ、8割ぐらいが、翻訳の時間に消えたので、脳への負荷があったのは、2割ぐらいの時間でした。
時間との戦いでしたね。

まあ、翻訳家になれるな。(笑)




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。