医学部受験

27歳の時医学部受験をしようと思い立ち、編入試験と一般入試を並行して勉強を始めました。

しかしながら、編入試験は非常に難しく、ブラックボックスな試験なため、途中で一般受験に完全に切り替えました。

駿台予備校に通いますが、なかなか成績が伸びず、海外医学部に入学する方向に向かいました。

その後、コメニウス大学医学部に合格しましたが、入学を辞退しフィリピンの医学部への入学を目指して、勉強を始めました。

そして、NMATの試験を受験し、マニラにある医学部に翌年入学しました。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。