上級国民という言葉がネット界隈で流行しているようだ。

最初に言っておきます。私は、上級国民ではありません。下級国民です。(失笑)
医学生というだけで、ここフィリピンでは、いろんな日本人達に、歪んだ感情をぶつけられてきました。
妬みは、暴力や迫害に繋がるんですよ。

しかし、私の人生を詳細に知ったら、そんな妬みの感情を抱くよりは同情すると思いますよ。

人生失敗したので、私は医学部に入学しようと、再受験をしました。そして、フィリピンにまで流れ着きました。それなりに波乱万丈な人生を送ってきました。

まあ、妬むだけで、挑戦する根性もない、そもそも医学部に入学しようと考えたことすらない人たちに妬まれても、チャランポランに生きてきた彼らの問題なのであって、私の問題ではないのです。

医者が夢かと言われたら、そうでもないんですよね。なので、苦しい時は、なぜこんな勉強を、フィリピンまで来てしてるんだろうという感情を抱くことがたくさんありました。20代で人生で躓くと、軌道修正が難しかったですね。リーマンショックの影響が大きかったです。

20代、30代もっといろいろ何かできただろうなという後悔もたくさんあります。

結局、努力と犠牲の上で成り立つ成功しか私は手に入れることはできなさそうですし、それも成功するかは不確かな状況です。

私の人生を誰かに勧めるかというと、全くお勧めしません。

波乱万丈ですよ。人生は一度だけで、有限です。

若い人たちが羨ましい。フィリピンで豪遊している人たちが羨しい。そんな5年間でしたね。

というか、上級国民をグーグル翻訳したらSenior citizenに翻訳されたんだが。



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。