途上国の医学部にまで行って医師になろうとする人間の地雷率は異常

特に多浪組

精神状態が異常。キチガイ率異常。発達障害率異常。

そういえば、能力もないのに海外の医学部の予備コースや本コースには入学できるからと、入学してきて、消える学生は多い。

こういう子供たちは非常に可哀そうだ。医師になりたいが、親も望んでいるが、全く能力がない人たちが、存在する。

こういう人たちは、海外医学部に来て、人生を台無しにしている。

30%ぐらいの学生はそうではないだろうか?

そもそも、進級できないような学生まで入学していた。日本の大学でいうと偏差値50すらないような学力で入学してくるのだ。高校3年間がり勉してきて、偏差値50にも届かないような人々は、さすがに予備コースから本コースにすら進学できないだろう。
進学できたとしても、1年生か2年生で、壁にぶち当たり、放校や自主退学になるのである。

やはり、高校3年間がり勉してきた人で、偏差値60は超えないと微妙だろうな。

これは直感的な感想なので、一つの意見として聞いてもらえれば、幸いです。

事務局の人たちも、小声でボソッと言ってた。
「海外に留学しようとする志願者たちは変なの多いからな。」
予備コースでトラブル起こしてた人たちの件でね。

関係者に聞いても、思い出したくない悪夢の予備コースの環境でした。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。