駐在員、現地採用、何をしているかわからない人々と私

途上国での日本人達の関係は、非常に歪んでいる。
特に、ここフィリピンでは鮮明である。

ビジネスにおいては、
駐在員、経営者、現地採用などに分かれる。

駐在員にも様々だが、商社マンを筆頭に、現地採用の日本人と比べて非常に良い給料や福利厚生を享受している。
お抱えのドライバー、メイド、高級コンドミニアム、など様々な手厚いサポートがあるのが駐在員である。

経営者は、日本料理屋から大手英語学校、IT企業などの現地法人の日系企業経営者である。

現地採用は、現地で雇われた日本人社員のことであるが、駐在員と比べて、給料が非常に安いのが特徴である。

この国では、駐在員と現地採用では、給料、学歴、経歴があまりにも違い過ぎるので、お互いが交流するのを嫌っている。

とある日本料理屋は、駐在員などの上流階級と現地採用を差別する店もあるようだ。こういう店はだいたい、日本人以外お断りらしいが。

そして、英語学校の学生である。彼らはフィリピンでビジネスをしているわけでもないし、基本的に数か月で帰国するので、フィリピンをほとんど理解せず、帰国する。
フィリピンにおける平和ボケ日本人の集団である。

あとは、何をしているか不明な人々である。
観光、リタイア、詐欺、目的はいろいろであろうが、怪しい人々はたくさんいるのである。

私はというと、正規で留学している医学生である。そして、日系企業や語学学校に所属しているわけでもなく、フィリピンの現地の学校に所属している。
普段は日本語を全く使わずに生活している。

私はフィリピン人がマネジメントする組織に所属している点は、フィリピン企業に採用されている日本人に似た境遇かもしれない。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。