紀州のドンファンがいるなら、マニラ版のドンファンはいるのか?

紀州のドンファンは、コンドームの訪問販売で財をなし、その資金で、消費者金融に投資することで莫大な財を成した人だ。

彼曰く4000人の美女を抱き、彼女たちに30億円を支払ったようだ。

彼はハンサムでもなく、低身長だった。14歳の時に童貞を卒業し、その楽しさを覚えてからは、お金を稼ぐことに集中したようだ。

綺麗な美女とやることが、彼の人生の目標であった。

ご存じの通り、70代後半で、元AV女優の女性と結婚し、その後3か月後に不審な死を遂げた。

さて、フィリピン人女性に貢いで、セックスを楽しんでいる外国人が多い国の一つが、フィリピンであろう。
日本ではパパ活なんて言われている、新しい援助交際の形があるが、大した金がない外国人でもそのようなことができるのがフィリピンである。

であるからして、この国では普通のことである。
この国の美女は非常に傲慢である。たくさんの男たちが彼女たちに近づいてくるのである。
嘘と金とセックスと疑似恋愛、浮気、詐欺、が蔓延する世界。
そんな世界を気軽に経験できるのが、フィリピンの歓楽街である。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。