どこの国の免許が上だとか下だとかない。

取得難易度には差はある。
しかし、互恵主義や国の立場というものがある。

フィリピンから、イギリス、アメリカ、ドイツの国家試験は受験できるし。
韓国は無理だろうけど。

その国次第だ。

オーストラリアやニュージーランドもいけるだろう。

しかし、問題は働けるかどうかだ。

給料の問題だ。言語の問題だ。

その国の基準を満たしていたら良い。

満たさないなら無理。VISAの問題もあるし。

医師不足なら、規制が緩きなるだろうし。需要と供給だよ。

俺はヨーロッパで働きたくないし。気候が合わないから。
アメリカなら、ニューヨークに住みたくないし。カルフォルニアに住みたい。
カナダやロシアには住みたくない。
中国にも住みたくないし。

その時の状況による。


コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。