飲食業、観光業の現在

飲食業、多くの日本料理屋は撤退した。
コロナウイルスの影響で店内飲食を規制されたり、もとに戻ったりを繰り返してきた。

ECQでも、開店しているお店もあったが、まあU.Tというものであろう。
闇営業している店も、よく聞いた。

ナイトビジネスも、同様である。美女がたくさん戻ってくるのは、2022年でもどうかという感じだ。
お金に困っていないTOPPERたちは、パパたちからたくさんお金を送金してもらっていることでろう。

観光業だが、セブ地域では、観光業の打撃が非常に厳しいようだ。
今のフィリピンで、観光ビザ復活などあってはならないことだと思う。
セブにはたくさん英語学校があるが、あと一年以上は無理だろう。

まあ、新規参入するなら、コロナ後は大きなチャンスであるけれど。リスクもまだまだあるのである。

個人的にはベトナムや他の国に行きたいのだ。東欧とかね。

インドは変異種で大変なことになってるし、日本の大阪も医療崩壊の様相を呈している。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。