フィリピンで医院を開業した日本人(CEBU編②)

幻の桜デンタルクリニック。

セブ在住者に 残念なお知らせ・・桜デンタルクリニック | フィリピン移住を目指して、、た。改め コロナ日本に生きる。 (ameblo.jp)
というブログによると、

マボロ地区にあった日本人女性歯科医が治療をしていた歯科医だったようである。

このデンタルクリニックは、2015年に開業し、2016年5月には、閉院したようである。期間はおよそ一年半である。

閉院の理由は、女性歯科医の体調不良とのことである。

本当のところは、フィリピン生活や経営が難しかったのではなかろうか?と感じてしまう私であった。
住むのと観光では、全く印象が違ってくるのがフィリピンである。

今、マニラから多くの日本人達がいなくなり、日本料理屋がたくさん閉店していっているように、客を多く見込めないなら、撤退するしかないのである。
それに、フィリピンの衛生環境はよくはないので、体調を崩す人は多くいる。
基本的なフィリピン生活への耐性がないのであれば、フィリピンに移住するという考えは無謀である。






コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。