AHGSでイジメられる原因になったことを考察した。

①AHGSの講師にチェコスロバキアの医学部の学費を教えてしまったのが原因。
②とある女性講師の誘惑、ハニートラップに引っかかったのが原因。
③コールセンターを途中でやめて、英語の勉強に専念したのが原因。
④馬鹿な大人が途中で増えたのが原因。
⑤そもそも0円留学に来る学生の質が悪い。
⑥医学部にいくというだけで、相当妬まれた。
⑦そもそも創業したての、素人が始めた英語学校に入学したのが原因。(英語講師などのレベルが非常に低かった。金をどぶに捨てた。文法すらよく知らないおばさん講師を付けられたりした。)
⑧低モラルな学生や講師が多過ぎた。
⑨目的意識が低い学生が多過ぎた。
⑩不真面目な大人が多かった。遊びに来ている無職の大人とかな。
⑪フィリピンという治安の悪い国を好む日本人達のモラルは基本的に低い。
⑫人生がうまくいっていない学生が多かった。
⑬妬みが学生全体に広がっていった。
⑭恋の病に侵されていた俺をイジメてもいいという雰囲気を馬鹿な大人たちは作り出していた。
⑮最大の原因はその女講師だったな。フィリピン生活5年以上から、あの種の女は悪魔だということに気づいた。

某海外予備コースに入学した後も、この女との関係が終わっていなかったのだ。気持ちは途中で終わらしたけどな。
そもそも、この女が悪魔なのだ。(予備コースでの勉強に集中できるまで一か月かかったよ。まあギリギリ、スロバキアの学校には合格した。生物がほぼ未履修だったから苦労したな。)

女との関係を終わらそうとしたのに、逃げるのだ。もう最後まではっきりした終わり方をできなかった。
俺は終わらしたかっただけなんですけどね。

まあ、この種の女とは、二度と深くは関わらない。
人生であそこまで、精神的におかしくなっていた3か月間はなかったな。

まあ、だから、フィリピンでの学生生活は、近づいてくる女、全て敵だと思っていたよ。
俺の人生の邪魔をする悪魔だとね。

実際、彼女たちは勉強の邪魔だった。

フィリピンで女は必要ない。

関連記事

「社会派インフルエンサーモデル」ラブリの“強制わいせつ”を被害女性が告発!? | ロバートの冒険記 (hironobublog.org)

AHGS NEXT及びAHGSEnglish Academyでの思い出 | ロバートの冒険記 (hironobublog.org)

AHGSの事件をAHGSの社員たちも全てを把握していない。 | ロバートの冒険記 (hironobublog.org)

AHGSとの最後。 | ロバートの冒険記 (hironobublog.org)






コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。