某海外医学部予備コースについて

僕はこの予備コースでもイジメられてしまいました。(笑)(笑)(笑)

正直、今でも彼女/彼たちを恨んでいますね。馬鹿につける薬はないんでしょうね。非常に心が狭い、自分の価値観に凝り固まった、人格が破綻してる学生たちが多すぎましたね。半分ぐらいの学生が、途中で留学を断念して、僕も含めて去っていきましたね。他人と自分は違うということを理解できない馬鹿が多すぎました。

結局、僕はS国のC大学の医学部には合格しましたが、英語の不安、事前に聞かされていた情報が違ったり、新しいネガティブな情報が入ってきて、さらに学生間の人間関係が最悪だったので入学を辞退しました。

のちに、当時の同期の学生だった一人の医学生には、僕の判断は正しかったという言葉を頂きました。

海外にいる日本人医学生たちは、変人だらけなんでしょうか??

変人でもいいですけど、悪人はお断りですね。

僕は一人で外国人達に囲まれて、他の日本人医学生達には、関わらないように、学生生活を送っています。

他人を迫害したり、いじめたりする人々は、バカなんでしょう。人間が腐っている。

また、次回の記事で会いましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。