予備コース時代の友人

まさか、プラハの大学にいるんじゃないのか?

あれから、6年か。長いな。

あまりに忙しい6年間だったのだが、予備コースの異様な環境での体験は、鮮明な記憶を俺に刻み込んでいるのであった。

某ユーチューバーと彼が対立
某ユーチューバー孤立
俺は喘息?
と恋の病で、戦闘力低下(今も咳き込んでいる(笑))

チェコに進学した男女二人は、予備コース中に喧嘩したり、迷惑してたな。

不登校女子がいたり

予備コースに一、二度来ただけの謎の男子学生がいたり。(なんか獣の悪霊にとりつかれているという噂を聞いたな。(笑))

留学前に、結婚する言い出す年長者がいたり。

スイスの高校出身の男子学生が受験直前に予備コースに入学してきたり。彼のことはよく知らない。

学力足りずに、C大学に入学できない学生がいたり。

ハンガリーからの転校組がいたり。

さて、私は最終的、なぜ虐められたのかというと、チェコに行った青年に、「何もしないからじゃないですか?」
と言われたのだ。

予備校に行って、人格に問題がある人達のために、何かしないといけないんですかね?
お局様が気に食わないというだけで。

まあ、いろんな人たちが彼らを馬鹿だと言っていた。

まあ、馬鹿に関わらないのが無難だろ。

「物理もちょっとは勉強したほうがいいよ」と言ったあとから、そのお局様にイジメられだしたような。
やっぱり関わらないほうがよかったでしょ。

好き嫌い激しい女て、自己愛性人格障害だよな。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

フィリピンのメトロマニラでで医学生をしています。 フィリピンで経験したことや、医学、趣味、旅行、ビジネスなどについてブログに書いていきたいと思います。